M&Aのことは仲介業者に任せよう|会社を温存させる方法

事業拡大に有効です

握手

事業拡大の手段としてM&Aは大変有効です。なぜならば、時間と手間を削減することができるからです。特に新規事業を立ち上げようとする場合、ノウハウの蓄積から行わなければなりません。成功するかどうかわからない分野に一から時間をかけるよりも、すでにある程度のシェアを握っている企業を買ってしまった方が効率的に新規分野に進出できます。経営戦略の一環としてM&Aを意識し始めたら、まずはM&A仲介会社に相談をしてみましょう。M&A仲介会社には、売り手企業の情報が数多く存在します。買収希望の相談をした段階でM&A仲介会社からノンネームによる提案がされます。この中で気になる先をM&A仲介会社に伝えることで、会社名がオープンにされます。M&A仲介会社を通じて売却希望である相手方にトップ面談の申し込みをし、相手が応諾してきたらトップ同士で合意に向けた話し合いをします。買い手と売り手の経営者同士で条件面などで大筋の合意ができたら、基本合意書が締結され、独占交渉権が付与されます。次に専門家によるデューデリジェンスを行い、リスクの洗い出し及びそのリスクを解消するための方法などを徹底的に調べていきます。デューデリジェンスの結果により、M&Aを実行するか、条件交渉を改めて行うかを判断することになります。これらの一連の流れを経て、最後に株式譲渡契約書を結び、業務の引継ぎや代表者印の受け渡しをすることになります。ここまで完了してM&Aが完結したことになります。