M&Aのことは仲介業者に任せよう|会社を温存させる方法

男の人と女の人

専門分野があります

M&A仲介会社を選定するためのポイントはいくつかあります。例えば、専門知識の有無や、業種を特定しているかしていないかということ、報酬体系等です。これらの項目をチェックするだけでもかなり絞り込まれてきます。

握手

事業拡大に有効です

事業拡大のためにM&Aを利用する企業が増えています。もしも、M&Aが経営戦略の1つとなったら、自社で売り手企業を直接探すのではなく、まずは仲介会社に相談をしましょう。仲介会社には売却希望である会社の情報が数多く存在しています。

早いうちに相談しよう

男の人

事業拡大の方法や事業承継の手段として、M&Aが選択肢に挙がることが多くなってきました。少しでもM&Aを意識したら、M&Aの仲介会社に相談をしましょう。買い手側でも売り手側でも、M&A仲介会社と接点を取るということが最も近道となります。M&A仲介会社の役割は、買い手側として相談をした場合には、希望に合った案件の提案、相手方企業との面談の設定、最終合意のお手伝いということになります。一方、売り手側として相談をした場合には、買い手側に自社の内容を伝えるためのノンネーム及び企業概要書の作成、買い手側候補との引き合わせ、最終合意のお手伝いということになります。買い手側でも売り手側でも、M&A仲介会社に早いうちから相談をしておくことで、自社の経営方針の確認ができたり、ターゲットがはっきりしてきたりします。基本合意書を締結するまでは無料で相談に応じてくれるケースもあるので、気軽に相談をしてみるとよいです。なお、M&A仲介会社には各社によって特長があります。中小零細企業に強かったり、金融機関と強固なパートナーシップを持っていたり、ある特定の業界に強かったり、と様々です。最近では、M&A仲介会社によるセミナーも数多く開催されていますので、M&Aがどのようなものかを知りたければ、まずセミナーに参加してみるとよいです。セミナーでは、基本的な流れを教えてくれたり、実際に取り扱った事例などを紹介してくれたりします。

ビル

様々なシナジーを生み出す

企業の事業拡大や引き継ぎなど、身内だけで処理するのが難しい問題の場合、M&Aがオススメです。しかし、買収や合併される場合は、決算書などの資料を準備しておく必要があります。また、M&Aは仲介業者や税理士などに支払報酬が必要なので、業者間で費用を比較して選ぶことをオススメします。